『ペット』

f:id:RIKA-T:20190502225732j:image

 『ペット』あらすじ・キャスト・映画の感想

あらすじ

youtu.be

小型犬のマックスは、飼い主のケイティと共にマンハッタンのアパートで暮らしていた。彼は子犬の頃にケイティに拾われ、お互い幸せな日々を送ってきたが、マックスはケイティが日中ずっと家にいないことだけを残念に思っており、ケイティの帰りを待つ間は毎日のように近所に住む他のペット達とつるんでいた。

ある日、ケイティが保健所から大型犬のデュークを引き取り、家に連れて帰ってくる。デュークはマックスに横柄な態度で接するが、結局マックスに言いくるめられる。それが気に入らないデュークは、翌日ペットシッターによって近所のペット達と共にドッグランへ連れて行ってもらった際、マックスをドッグランの外に連れ出し、彼をゴミ箱に放り込んで自分だけ家に帰ろうとする。しかし、それが原因で野良猫のボス・オゾンに目を付けられ、オゾンによって首輪を切られてしまう。首輪がない二匹はすぐさま動物管理局の職員に捕らえられ、バンに載せられる。

バンの運転手は更にもう1匹のウサギを見付けて捕らえようとするが、その正体は「元ペット団」の長スノーボールであった。スノーボールは手下(ブタ、ワニ、トカゲ)と共にバンを乗っ取り、そこに載せられていた仲間の猛犬を解放する。マックスとデュークも解放を懇願すると、スノーボールは「お前らはまだペットだから」と拒絶するが、デュークは「実は飼い主をミキサーで砕いて殺した」と嘘をつく。それに感銘したスノーボールは下水道にある自らのアジトへ連れて行くが、そこへ来たオゾンの仲間にまだペットであることをバラされ、追われる身となる。更に、逃げる途中でスノーボール達の最大の指導者である大蛇を誤って殺してしまい、一層スノーボール達の怒りに火を点けてしまう。

二匹は下水道を伝ってイースト川へ脱出し、彼らを振り切ることに成功するが、辛うじて飛び乗った水上バスで辿り着いたのは、マンハッタンではなくブルックリンだった。その頃、マックスの友達も彼がいないことに気付く。ポメラニアンギジェットは彼らを誘ってマックスを探しに行こうとするが、皆外に出るのを躊躇う。納得のいかないギジェットはアパートの屋上で飼われている凶暴なタカのタイベリアスを脅迫してオゾンを連れてきてもらい、マックスとデュークの手がかりを得る。ギジェット達はケイティが帰る前にマックスを探し出すべく、オゾンの証言を元に元ペット団のアジトへ赴く。そこではスノーボールがあの2匹の仲間だとして攻撃を仕掛けてくるが、辛うじて振り切る。怒りが収まらないスノーボール達は、ブルックリンへ向かう。

一方、マックスとデュークはブルックリンでソーセージ工場を見つけ、意気投合していた。実はデュークの旧家もこの近所にあったが、ある晩、蝶を追って外へ出たところ、家が分からなくなり、そのまま保健所へ連れて行かれてしまったのだ。記憶を頼りに旧家を訪ねると、そこにいた猫に「元の飼い主は亡くなった」と告げられる。2匹は現在の家主に通報され、動物管理局に捕らえられるが、逃れたマックスは動物管理局のバンを追いかける。その途中でスノーボールらと遭遇し、復讐を受けそうになるが、スノーボールの手下も捕らえられてしまい、スノーボールは止む無くマックスと手を組むことにする。

スノーボールとマックスはハイジャックした路線バスでブルックリン橋へ赴き、動物管理局のバンに追突する。ところがバンと路線バスは横転し、バンはデュークやスノーボールの手下を車内に残したまま橋桁工事の足場に突っ込んでしまう。マックスは気絶したスノーボールを口にくわえて車外へ連れ出すが、それを追跡してきた元ペット団に見られ、スノーボールを食べようとしていたと誤解される。その場に集結した元ペット団に攻撃されそうになるが、ちょうどそこへやってきたギジェット達により、元ペット団を追い払うことに成功する。

しかし崩れかけた足場の上でバンはいよいよイースト川へ墜落しそうになる。マックスはデュークを救出しようと試みるが、バンごと川へ墜落し、水中で檻の鍵を紛失してしまう。二匹の危機を目前にしたスノーボールは川へ飛び込んで鍵を取り戻し、デュークは無事救出される。

マックスとデュークは無事ケイティの帰宅前に家に戻り、彼女も仲良くなった二匹を見て喜ぶ。一方のスノーボールは帰ろうとしたところを少女に捕まえられ、家に連れて行かれるが、あっさりとそれを受け入れてしまう。マンハッタンの街には、普段通り飼い主との時間を楽しむペットで溢れていた。

 キャスト

 

映画の感想

面白くていい作品です。

 

 

ブロトピ:はてなブログ更新しました。